日本の学力レベルをもっと上げることが重要です

日本は今や世界とトップの技術力を持った国ではなくなっています。
ほとんどの面において中国に負けている感じがします。
ゆとりある生活が大事であると言う風潮が日本の会社の競争力を落とし、技術力でも日本はどんどん遅れを取るようになっています。
日本は資源のない国であるから頼れるのは頭脳だけの国であるわけで、その点をよく考えて頭で勝負できる人をもっとたくさん教育することが必要ではないかと考えます。
そうなると競争が激しくなり韓国のように自らの命を断つ人が増えると言う感じになるかもしれませんが、それでもそれをやらないと日本はどんどん衰退していく可能性があります。
団塊の世代が引退してどんどんなくなっていく時代になり、その後は少子化によって年々人口が減っていきます。
国力が年々低下するわけで、その上勉強のできる人間を作らないならますます国際競争力がなくなります。
国際競争で打ち勝つ会社の下請けで稼いでいる人が多い日本において、国際競争力で負けることは日本の衰退を意味するわけで、何とかしないといけない緊急の問題であると思われます。